FC2ブログ

d-lab gallery

わたなべ画廊 白い空間の魅力   

飯能のわたなべ画廊を訪ねると、ギャラリーがますます素敵な空間になっていることに気が付きます。
まず、出入り口に白い壁が一枚。あることで、『ギャラリーに入る』という気持ちになれます。プライベートな部分も見えなくなり、純粋に白い壁の展示空間です。ピクチャーレールが無いのも魅力の一つです。

これから、おそらく12月まで、見てみたいと思わせるような作品展が続きます。
24日までは、柴村純一氏と森天飛さんの作品展です。

201309わたなべ画廊

入って右の柴村さんは、一点一点も魅力ですが、展示された白い壁も作品のように思えます。感性によって配置された作品と、その間の白。このような展示の仕方、本当はとても難しいのですが、インテリアの勉強にもなります。

森さんの作品を見せていただくのは昨年に続き2回目です。白い画面に描かれた鉛筆の色、その繊細さで、場の空気を柔らかく存在させているように思いました。

ここでは、作品とともに絵が展示される白い空間の魅力にも気が付きます。お二人の作品は、この均一の白い空間になんて似合うのだろう!
d-gallery も、2室あるうちの101Bはできるだけ白くしようと決意しながら帰ってきました。


d-lab gallery 開催中とこれからの予定 → d-lab gallery schedule

入間市および近郊のアート情報 → 入間のアート情報

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  わたなべ画廊  飯能のギャラリー 
tb: 0   cm: 0

モノガタル 坂本匡之展  

「モノガタル」
飯能のわたなべ画廊での坂本匡之展。またしても最終日。いや、実は2回目。一度目は眼鏡がなく惨敗。

テンペラの手法による細い線が絡み合い重なり合うような作品に奥を感じた。実際、何層にもなっているらしい。そして不思議なことにギャラリーの白さが美しいと感じさせた作品。

400 20121119170352259_0001

床も壁も、まっ白い空間に合いそうだ。そこには黒い革張りのコルビュジェの椅子を置きたい。




category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: わたなべ画廊  坂本匡之  テンペラ  飯能 
tb: 1   cm: 0

新野安紀子展  

ついでに立ち寄った飯能の『わたなべ画廊』では、『新野安紀子展』が開催されていました。
案内のポストカードの印象とは違った印象を受けました。

中でも木炭のスケッチに目を奪われました。力強いと感じた油絵の作品の中に、力強さだけでなく繊細さを感じました。

20121029215146297_0001.jpg

私にとっては、良い意味で期待を裏切ってくれた作品展でした。
-- 続きを読む --

category: gallery

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 飯能  わたなべ画廊  企画展  新野安紀子  油彩  貸しギャラリー   
tb: 0   cm: 0

わたなべ画廊 『森 天飛  吉田 然奈』展  

飯能に『わたなべ画廊』があります。

以前友人の作品展があり、初めて訪ね、入間市にもこんなギャラリーがあると良いなと思ったのが、d-lab gallery を開設した根底にあります。それに『通学途中の子どもたちも立ち寄れるような』が、加わってです。

わたなべ画廊_0001

10月16日まで画廊の企画展『森 天飛  吉田 然奈』が開催されています。
森さんの鉛筆による作品は、鉛筆のタッチがわからないほど。『影と光』による作品と言う印象を持ちました。
 
-- 続きを読む --

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: わたなべ画廊  飯能  森天飛  吉田然奈   
tb: 0   cm: 0