d-lab gallery

『鈴木 伸 / 説話の園丁Ⅱ』  

『鈴木 伸 / 説話の園丁Ⅱ』開催中です。

期間 2018年2月17日(土)~2月27日(火) 休廊 21日(水)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

山田隆志氏の『かんたんリトグラフ』のワークショップに参加していただいたのが縁で展覧会が実現しました。
DMは鉛筆画です。

鈴木伸展 DM1

展示では古今の説話を題材にした作品を発表します。
伝承物語からモチーフを取っています。
それは原書から離れたり近づいたり彷徨いつつ私の心象を照らすことになります。
作品ごとに現れる幻視を詩を読むようにご覧ください。
    (テンペラ油彩、版画、コラージュ、鉛筆画)    鈴木 伸

鈴木氏は大学で日本画を専攻されましたが、ご自分が表現したいことを追求しさまざまな技法を試しておられます。
d-lab gallery でのワークショップ『簡単リトグラフ』を体験されて以後、刷りを山田氏に依頼し、リトグラフ作品も制作されておられます。

『彼方』 リトグラフ

鈴木伸展 004

『花荊』 テンペラ油彩混合技法

鈴木伸展 011

『催眠療法』 コラージュ
コラージュする前に、デコパージュの技法で一枚一枚を薄く透明なものとしているため、その薄さ、重なりが幻想的でより怪しく魅力的になっています。
クリックで拡大されます。

鈴木伸展 018

会場の様子です。
鈴木伸展 2001
鈴木伸展 003



category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: テンペラ  リトグラフ  コラージュ  入間市のギャラリー  d-lab  gallery  鈴木伸  澁澤龍彦  いるまで素敵なアートめぐり  入間のアート情報 
tb: 0   cm: 0

モノガタル 坂本匡之展  

「モノガタル」
飯能のわたなべ画廊での坂本匡之展。またしても最終日。いや、実は2回目。一度目は眼鏡がなく惨敗。

テンペラの手法による細い線が絡み合い重なり合うような作品に奥を感じた。実際、何層にもなっているらしい。そして不思議なことにギャラリーの白さが美しいと感じさせた作品。

400 20121119170352259_0001

床も壁も、まっ白い空間に合いそうだ。そこには黒い革張りのコルビュジェの椅子を置きたい。




category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: わたなべ画廊  坂本匡之  テンペラ  飯能 
tb: 1   cm: 0