d-lab gallery

『入間市に在住する木版画家4人による展覧会』  

『入間市に在住する木版画家4人による展覧会』

期間 2017年10月31日(火)~11月9日(木) 休廊2日(木)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

入間市に住む、五所菊雄、島田但、高村ムカタ、西野一男の4氏の展覧会です。
期間中、木版スタンプの作り方や、刷り、道具の使い方など、直接作家さんから聞くことができます。
作品を見ると、木版という同じ手段なのに、それぞれがとても個性的です。

まず、五所菊雄氏。
版画についての本も出版しており、版画を五所先生に教えていただいたとおっしゃる方も多くおられます。

版画展 五所菊雄01

版画展 五所菊雄02

島田但氏。
版画を五所先生に教わった方です。
相馬の野馬追いをテーマにした作品と、何回か登った富士山をテーマにした作品を展示しています。

版画展 島田但01

版画展 島田但02

高村ムカタ氏
夏は利尻で漁師をしておられます。
このたびは、作品の中に食べ物の名前が多く見られます。
長い間スウェーデンで暮らした友が無くなり追悼の意が込められていると聞きました。
日本から遠く離れた地で、食べたかったのではと思われるものを版画にしたようです。

版画展 高村ムカタ03

版画展 高村ムカタ01

西野一男氏。
宮城県立美術館で『洲之内徹と現代画廊 昭和を生きた目と精神』という図録を買い求めてきたことを西野さんに話すと、「若いころ現代画廊で作品展をやったことがある。」とおもがけない言葉。
『~西野さんは色感がいい。いい色を持っている。これが、これからの西野さんの保証になるはずだ。』その時の洲之内徹氏の言葉です。

版画展 西野一男01

版画展 西野一男02 001











category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  版画  入間のアート情報  西野一男  五所菊雄  島田但  高村ムカタ  木版画 
tb: 0   cm: 0

内藤範子展 ―水辺に遊ぶⅡ―  

d-lab gallery では、一昨年に引き続き2回目の内藤範子さんによる作品展を開催中です。

『内藤範子 ―水辺に遊ぶ Ⅱ―』

期間 3月26日(土)~4月3日(日) 休廊31日(木)
11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 埼玉県入間市豊岡 5-2-15 101A

naito fbp葦牙

遥か東方よりの風に水面は漣で応え

金粉の如き光を刷いて渉る

其の下辺に臥せし葦かびは

槍の如き穂先を揃え

蒼天に繰り出す刻を測る

浅春の湖面に膨らむ生命の不穏さ DMより


略歴・受賞歴
1093 鎌倉市に生まれる
1986 横浜国立大学教育学部美術科卒業
1999 関口芸術基金賞 入選
2000-2009 上野の森美術館大賞展 入選
2002 鎌倉美術展 大賞受賞
2006 あさご芸術の森大賞展 優秀賞
2007 美浜美術展 入選 他 所属 作家集団実在派会員

丁寧に緻密につくりこまれたマチエールが、幽玄ともいえるような世界を造り出すベースになっています。

category: gallery

thread: 絵画 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  内藤範子  入間のアート情報  gallery 
tb: 0   cm: 0

『山崎美恵子展』から 1  

『山崎美恵子展』から
11月29日まで、101A室・101B室を使って開催中です。

タイトルを目立たせたくない。タイトルが無くていいのよ。見たい人が見たいように見てくれれば。
タイトルはありますが、目立たないようにしています。

101B室から、画材にこだわらない作品を。

yamazaki4 1
yamazaki4 3
yamazaki4 2

銀座での作品展では暗いイメージがあったけれど、そうでない作品もあるのねとは、古くから山崎さんを知る人。

category: gallery

thread: 絵画 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  入間のアート情報  山崎美恵子 
tb: 0   cm: 0

いるまで素敵なアートめぐり 201411-2  

いるまで素敵なアートめぐり』 201411-2号です。
肌寒くなってきました。今年もあと1か月と少し!早いものです。

クリックで大きくなります。

2014011-2入間エリア新聞

category: いるまで素敵なアートめぐり

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: いるまで素敵なアートめぐり  入間市のギャラリー  入間のアート情報 
tb: 0   cm: 0

柳原ひろやの世界 2  

柳原ひろや氏の絵には、槍のような棒を持った人がしばしば登場する。
これはどういう人なのかと聞いたら、棒で突っつきながら先へ進むと言う。しかし、多くの絵の中で地平線のようにみえる場所には何の障害物もないように思えるのだが・・・。

作品は『雷(いかづち)の残像』
yanagihara-h 雷の残像

ある日の夕方、微妙な空の色が美しく見惚れていたら、帰りかけのひろや氏が、この色が好きなんですと話していました。

『キャラバン』

yanagihara-h キャラバン

この作品は『道化(どうけ)た自画像(ひろや)』
外観はほとんどがひろや氏ではない。道化という衣装を見ているひろや氏。

yanagihara-h ひろや

明るい色で、不思議なものや気持の悪いものを描くと言っていた柳原氏の作品の中で暗い一点。
彼は、描きためたスケッチブックの中から何冊か持ってきて会場においています。その中に描かれているざまざまなものが、この『山』という作品の中に描かれているように思います。

yanagihara-h 山




category: gallery

thread: 絵画 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  入間のアート情報  柳原ひろや  パステル 
tb: 0   cm: 0