FC2ブログ

d-lab gallery

d-lab gallery で二つの作品展が始まりました  

d-lab gallery 101A では、『西野一男 奥武蔵を描く』、もう一部屋の101Bでは、『柳原ひろや個展』が始まりました。

20代から画家として活躍してきた西野さんは、絵と版画です。どちらも色が美しく幸せな気分になります。紫が印象的です。
『西野サロン』と呼びたいくらい、多くの方が見え絵についての語らいの時間を過ごされておられました。

sakukinten2 005

一方、柳原さんの作品展も、これまでにない絵で、こられた方新鮮な表情でご覧になっていました。長く絵を描いて来られた方からのアドバイスもあり、こちらでも絵を語る一時が見られました。これまで、あまりなかった事ですが、絵について語り合える場と言うのも良いなあと思った次第です。

sakukinten 008

これまで描きためたスケッチを見ながらの、柳原ひろやさんとうえしんちえ子さんです。
作品展においでになられたら、ぜひ小さな絵が詰まったスケッチ集をご覧ください。
楽しさ倍増です。これからどんな作品ができるのか楽しみになります。


d-lab gallery 開催中とこれからの予定 → schedule

入間市および近郊のアート情報 → 入間のアート情報



category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  gallery  d-lab  入間のアート情報  柳原ひろや  西野一男  奥武蔵  吾野  名栗 
tb: 0   cm: 0

『紗蔵』のガラスのオブジェ  

今は飯能市となった名栗のカフェ『紗蔵』に飾られたガラスのオブジェ。いろいろな色・かたちのガラスが組み合わせられ、光があてられ、その輝きと影と透明なガラスの美しさが際立っていました。

オーナーに伺うと、気さくに上村由希さんという方の作品だと教えてくださいました。
d-lab galleryでこのような作品をご紹介できたら・・・と思いながら帰りました。

紗蔵 名栗 099

『紗蔵』は、飯能から車で一時間は40分くらいでしょうか、入間川に沿って遡り、秩父方面への道が分かれるところをそのまま進むと間もなくあらわれる漆喰の白が美しい蔵です。

オープンして約一年とのこと。自然の中で美味しいコーヒーが味わえます。
業務用の火力の強いガスコンロもあり、また、メニューにはありませんでしたがパンも焼かれるようで、これからも楽しみなカフェです。

2012年11月以降のご予約を、FAXまたはe-mailで受け付けています。詳細については、このブログのカテゴリ d-lab gallery about をご覧ください。

不明の点等、お気軽にお問い合わせください。





 
-- 続きを読む --

category: gallery

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 紗蔵  名栗  飯能  カフェ  上村由希  ガラス  ギャラリー   
tb: 0   cm: 0