FC2ブログ

d-lab gallery

『翔 ソラタカクマウモノ』  

『翔 ソラタカクマウモノ』開催中です。

期間 2019年1月19日(土)~1月27日(日)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

新年を迎え清々しい気持ちになれるよう、14名の作家による空に舞うイメージの作品を展示しています。

井窪豊  池田菊雄  大島和子  おおたおえみこ  小堀八千代  
芝本茂子  高澤日美子  竹森正幸  中島太意  本戸朋子
麻矢薫  峯岸尚子 山崎美恵子 璃葉

展覧会の風景から

201901-2タカクマウ 004

201901ソラタカクマウモノ 030

101A室 入口に大島和子さんの作品「海高く」。101B室にも5点あります。

翔 オオシマカズコ

次に青が印象的な小堀八千代さんの「風」。

翔 小堀八千代

101室正面には、秩父の作家の峯岸尚子さんです。「包(ホウ)」のシリーズで3点並びます。
翔 峯岸尚子

そして池田菊雄氏の作品「赤の森にはばたくⅠ」
翔いけだきくお

その間に麻矢薫さんの「鴉」を置いて、芝本茂子さんの「イマジン」。
ビートルズの詩「Imazine」に着想を得た作品です。初日、今度中学生になる男の子が、作品の端に描かれている鍵を指さし「ぼくはこれが気になる。」と、じっくり見ていたのが印象的でした。
翔 芝本茂子

101B室。入口の切手のような小さな銅版画は、おおらいえみこさんの作品。
これは宇宙空間「ブルー・ユニヴァース」
翔 おおらいえみこ

また、作品とクラシックな額がぴったりの 麻矢薫さんの「空華」
翔 まやかおる

次の壁面には、麻矢薫さんの作品と大島和子さんの作品。
そして、がらりと雰囲気が変わり本戸朋子さんの『フォーチュン・クッキー』
翔 ほんどともこ

この壁の真中には璃葉さんの「鳩」。線が美しいと、みんなが立ち止まる作品です。
翔 璃葉

そして、101B室扉正面には、赤い紙風船が印象的な山崎美恵子さんの「かぜのおこうところ」。3.11の後に描いた作品とのこと。
翔 やまざきみえこ

こげ茶色の壁には、高澤日美子さんの『さあでかけようⅠ』
ご覧になった作家さんが、いいなあ~これは、自分には絶対描けないと話しておられました。
翔 高澤日美子

一段上がった奥には中島太意氏。
中島氏の作品は、磁器か金属かと思うような作品6点から成ります。
一点でも存在感がありますが、6点あり、無数に別の世界が作れるように、どこまでも広がる作品です。
6点の中から1点をご紹介します。
翔 中島太意

その隣には、ジャンベを演奏し、写真を撮る竹森正幸氏の作品です。
美しい緑の中に、はがした時にできるシダの様な絵具の跡が不思議です。
翔 タケモリマサユキ

最後は、宙に浮かぶ井窪豊氏のモビールです。
微妙な白のはかなげな材質は、習字の半紙だと聞きました。
風のない所で、ゆっくりゆっくりした動きに時間を忘れます。
翔 イクボユタカ

最終日には14:00より、小さなティーパーティを企画しています。
作家さんの同士の交流を深めていただくことと、ギャラリーへ来てくださる方が作家さんを知る機会になればと思っています。
 



category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 井窪豊  池田菊雄  大島和子  おおらいえみこ  小堀八千代  芝本茂子  高澤日美子  竹森正幸  中島太意  本戸朋子 
tb: 0   cm: 0

『三人展 201=4 SANNINTEN  本戸朋子+竹森正幸+山本mercy由子』展 3  

『三人展 201=4 SANNINTEN  本戸朋子+竹森正幸+山本mercy由子』展101B室から 

このコーナーは竹森正幸氏。
写真やドローイング。中心の『No Title』は3枚の写真を切ってコラージュした作品。

SANNNINTEN3-1.jpg

ベランダで空を見上げた写真。一部をカットし、作品に。雲を見ていると、いろいろ想像が膨らみます。『face』

SANNNINTEN3 face

こちら、左は山本mercy由子さん。右は竹森氏。

SANNNINTEN3-2.jpg

『Lotus』独特の色合いで竹森氏の作品だとわかります。蓮を見てシャッターを押すことは誰でも出来ますが、人によって本当に違った作品になること改めて認識しました。
現実と非現実のはざま・・・見て思い浮かんだことです。

SANNNINTEN3 Lotus

『南部ダイバーかやちゃん』山本さんの作品です。
何を考えながら描いたのでしょうか? いろいろな物語を想像してみます。
目の下のほくろ。この子が、個性を持って身近に存在するような気がします。
見ていて飽きない絵になりそうです。

SANNNINTEN3 南部ダイバー


こちらは、本戸朋子さんの作品。
ほんわかと、人柄そのまんまのような、イラスト。思わず顔がゆるみます。

SANNNINTEN3-3.jpg
 
大きな作品は『ダリア』
いろいろなダリア。白い画面に黒い線だけれど、色を感じると何人かの方が話されておられました。
SANNNINTEN3 ダリア

背中でかわいらしさが伝わる『パグ』

SANNNINTEN3 ぱぐ

最後は、小品が集まっている壁。
猫・花・建築物・・・。

SANNNINTEN3-4.jpg

一枚だけ。最近の建物を撮った写真。なかなか気が付かない角度から。ちょっとだけ猫に見えました。ぜひ、会場でご覧下さい。

category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  三人展  本戸朋子  竹森正幸  山本mercy由子 
tb: 0   cm: 0

『三人展 201=4 SANNINTEN  本戸朋子+竹森正幸+山本mercy由子』展  2  

『三人展 201=4 SANNINTEN  本戸朋子+竹森正幸+山本mercy由子』展から

まず101A室の入って右 本土朋子さんの作品です。
わかりにくい写真ですみませんが、白地にシングルラインでシンプルにイラストが描かれています。

SANNINTEN1.jpg

本土さんの作品 『ダリアは毒』
もうひとつの会場101B室にもダリアと猫の作品がありますが、本戸さんの猫にはダリアがとっても似合っています。

三人展 009-2

猫の表情も少しずつ違って見ていて楽しくなります。
『よんだ?』
三人展 007

正面には山本mercy由子さんの作品です。山本さんは日本人。mercyは学生時代からのニックネームだと聞きました。

SANNINTEN2.jpg

山本さんの作品『うちゅう』
キャンバスの小口(と建築関係者は言いますが)まで描かれています。
目の半分が。立体的に見えてきます。
三人展 012

『おとなしいやぎ』伏し目がちなヤギの表情に癒されます。これも葉っぱが小口にまで描かれています。

三人展 015

最後は、竹森氏の作品。写真・絵・その他。音楽家(ドラマー)としても活躍する竹森氏のアートいろいろです。

SANNINTEN3.jpg

『Johonson Cat』入間市東町のジョンソンタウン(異空間)での一枚。

SANNINTEN2 017

撮影した写真の一部にカッターを入れた作品も、ほかでは見かけたことがありません。
『美人さん』
sannninten 005

まさしく、三人三様。それそれがまったく違っているけれど、違和感がない作品展です。
タイトルの 201=4 は竹森さんによるようです。意味は・・・会場で聞いてください。
本戸さんは終日。竹森さんは3時頃から。山本さんは、土・日と千葉から来てくださいました。30日にも来てくださいます。














category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  本戸朋子  竹森正幸  山本mercy由子 
tb: 0   cm: 1

『三人展 201=4 SANNINTEN  本戸朋子+竹森正幸+山本mercy由子』展が始まります。  

5月22日(木)から、『三人展 201=4 SANNINTEN  本戸朋子+竹森正幸+山本mercy由子』展が始まります。

作品展にあたり、次のようなコメントをいただきました。

『三人三様三人展。
動物や景色の、不思議でキラキラでゆるゆるな、
こんな世界もあるのです。』

三人展

不思議できらきらでゆるゆるな・・・この辺、とてもいい感じで、とっても期待しています。
そしてタイトルのなかの『201=4』 →  気になりますね。
始まったら聞いてみますね。

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  三人展  本戸朋子  竹森正幸  山本mercy由子 
tb: 0   cm: 0