d-lab gallery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『こづま美千子』展  

『こづま美千子展』、開催中です。

期間 2018年1月25日(木)~2月4日(日)
時間 11:00~18:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

DMは『落ちた風 Fallen Wind』という作品です。展覧会の準備をしてるあいだ、こづまさんの『風』という言葉が印象的でした。

2018こづま美千子展 DM

『風景をよりどころに天と地とを繋ぐような高さのある絵画空間を創り たいと思っています。それが、見る人の時空を超えた何らかのを記憶を 刺激して、次の何か前向きな心持ちの一助となるような仕事がしたい。    こづま美千子』

2018こづま美千子展 0

作品を数点ご紹介します。
また、壁には展示されていませんがテーブルの上の小品をぜひご覧下さい。こづまさんの魅力が詰まっています。

2018こづま美千子展 04

2018こづま美千子展 020

2018こづま美千子展 018

2018こづま美千子展 047

こづま美千子 

1963 東京生に生まれる
1987 多摩美術大学美術学部絵画科油絵専攻
1988 第3回ホルベインスカラシップ奨学生
2004 平成16年度 文化庁新進芸術家国内研修員

最近の展覧会
2016「こづま美千子&Seraphina Lenz W個展」   b-stile 舞浜美術館(千葉)
   個展     ギャラリーなつか(東京)
2015「Exhibition ARIO(Artist Residence in  Odawara」    すどう美術館(神奈川)
2014「絵画展ー鳥の声を聞くように」      d-lab gallery(埼玉)
2013 個展  ギャラリーなつか C-View(東京)
  「インサイドエスキース展」       画廊るたん(東京)



スポンサーサイト

category: d-lab gallery 2018 アーカイブ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  入間のアート情報  こづま美千子  絵画   
tb: 0   cm: 0

d-lab gallery では、15日から、二人の違った魅力に接することができます  

風の強い日。
もう少し強い風が吹いたら、倒れてしまいそうな背の高いトラックが事務所の前に止まる。幌の中を覗き込むと、何と大きな絵!
中から二人がかりで運び出した絵。
石井さんは、『記憶に沈んだ私小説的な世界をご覧ください』というが、抒情を感じるのは具象だからなのか?

isii ukezeki ten

少し遅れて請関さんがいらっしゃる。軽い冗談を言いながら・・・絵の場所は決まっているようです。立体・・・と伺っていましたが心境の変化?
それにしても、魅力的な絵が壁にかけられる。

d-lab gallery では、15日から、二人の違った魅力に接することができます。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

u+ia.jpg
請関くにとし展 石井公彦展   象徴と実在 異なる感性と表現の2人展  

画像をクリックすると大きくなります。(入間エリア新聞に載せていただきました。)




category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  絵画  石井公彦  請関くにとし 
tb: 0   cm: 0

d-lab gallery  企画展  

2013年 d-lab gallery の最初の企画展のご案内です。


桑田百代作品展
   1月18日(金)~ 1月31日(木) 11:00~18:00
             休廊 23日(水)最終日は16:00まで

       作家在廊日 18日(金)19日(土) 25日(金)26日(土)

   d-lab gallery 入間市豊岡 5-2-15

桑田百代作品展

桑田さんの作品を何回か拝見し、企画展を依頼しました。初めて見たのは、彼女が主宰している桑田ギャラリーで。小さい作品に惹かれました。

最初は好きな色だったので目に留まったのですが、良く見ると絵具を削ったような表現の下に、印刷物の文字が見えました。一枚の絵の中に、いろいろな方法が試され、構成されています。どんな方法で描いたのだろうと言う興味から始まりましたが、何点か見せていただくうちに、技法は、桑田さんが彼女を表現するあくまでも一つの方法でしかないことに気が付きました。
以降、ただただ絵世界に浸るのが良いと思っています。

桑田さんは自身でもギャラリーを主宰しており、多忙な方ですが、その時間を割いての個展になります。
グループ展では表現しきれない、彼女の世界が広がるのではと期待しています。

企画展は、ギャラリ―を運営する者にとっても、好きな作品を、みなさんに見てもらえるという至高の場でもあると感じています。

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市  桑田百代作品展  作品展  絵画    アクリル 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。