FC2ブログ

d-lab gallery

モノガタル 坂本匡之展  

「モノガタル」
飯能のわたなべ画廊での坂本匡之展。またしても最終日。いや、実は2回目。一度目は眼鏡がなく惨敗。

テンペラの手法による細い線が絡み合い重なり合うような作品に奥を感じた。実際、何層にもなっているらしい。そして不思議なことにギャラリーの白さが美しいと感じさせた作品。

400 20121119170352259_0001

床も壁も、まっ白い空間に合いそうだ。そこには黒い革張りのコルビュジェの椅子を置きたい。




category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: わたなべ画廊  坂本匡之  テンペラ  飯能 
tb: 1   cm: 0

新野安紀子展  

ついでに立ち寄った飯能の『わたなべ画廊』では、『新野安紀子展』が開催されていました。
案内のポストカードの印象とは違った印象を受けました。

中でも木炭のスケッチに目を奪われました。力強いと感じた油絵の作品の中に、力強さだけでなく繊細さを感じました。

20121029215146297_0001.jpg

私にとっては、良い意味で期待を裏切ってくれた作品展でした。
-- 続きを読む --

category: gallery

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 飯能  わたなべ画廊  企画展  新野安紀子  油彩  貸しギャラリー   
tb: 0   cm: 0

わたなべ画廊 『森 天飛  吉田 然奈』展  

飯能に『わたなべ画廊』があります。

以前友人の作品展があり、初めて訪ね、入間市にもこんなギャラリーがあると良いなと思ったのが、d-lab gallery を開設した根底にあります。それに『通学途中の子どもたちも立ち寄れるような』が、加わってです。

わたなべ画廊_0001

10月16日まで画廊の企画展『森 天飛  吉田 然奈』が開催されています。
森さんの鉛筆による作品は、鉛筆のタッチがわからないほど。『影と光』による作品と言う印象を持ちました。
 
-- 続きを読む --

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: わたなべ画廊  飯能  森天飛  吉田然奈   
tb: 0   cm: 0

『紗蔵』のガラスのオブジェ  

今は飯能市となった名栗のカフェ『紗蔵』に飾られたガラスのオブジェ。いろいろな色・かたちのガラスが組み合わせられ、光があてられ、その輝きと影と透明なガラスの美しさが際立っていました。

オーナーに伺うと、気さくに上村由希さんという方の作品だと教えてくださいました。
d-lab galleryでこのような作品をご紹介できたら・・・と思いながら帰りました。

紗蔵 名栗 099

『紗蔵』は、飯能から車で一時間は40分くらいでしょうか、入間川に沿って遡り、秩父方面への道が分かれるところをそのまま進むと間もなくあらわれる漆喰の白が美しい蔵です。

オープンして約一年とのこと。自然の中で美味しいコーヒーが味わえます。
業務用の火力の強いガスコンロもあり、また、メニューにはありませんでしたがパンも焼かれるようで、これからも楽しみなカフェです。

2012年11月以降のご予約を、FAXまたはe-mailで受け付けています。詳細については、このブログのカテゴリ d-lab gallery about をご覧ください。

不明の点等、お気軽にお問い合わせください。





 
-- 続きを読む --

category: gallery

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 紗蔵  名栗  飯能  カフェ  上村由希  ガラス  ギャラリー   
tb: 0   cm: 0