d-lab gallery

『鈴木 伸 / 説話の園丁Ⅱ』  

『鈴木 伸 / 説話の園丁Ⅱ』開催中です。

期間 2018年2月17日(土)~2月27日(火) 休廊 21日(水)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

山田隆志氏の『かんたんリトグラフ』のワークショップに参加していただいたのが縁で展覧会が実現しました。
DMは鉛筆画です。

鈴木伸展 DM1

展示では古今の説話を題材にした作品を発表します。
伝承物語からモチーフを取っています。
それは原書から離れたり近づいたり彷徨いつつ私の心象を照らすことになります。
作品ごとに現れる幻視を詩を読むようにご覧ください。
    (テンペラ油彩、版画、コラージュ、鉛筆画)    鈴木 伸

鈴木氏は大学で日本画を専攻されましたが、ご自分が表現したいことを追求しさまざまな技法を試しておられます。
d-lab gallery でのワークショップ『簡単リトグラフ』を体験されて以後、刷りを山田氏に依頼し、リトグラフ作品も制作されておられます。

『彼方』 リトグラフ

鈴木伸展 004

『花荊』 テンペラ油彩混合技法

鈴木伸展 011

『催眠療法』 コラージュ
コラージュする前に、デコパージュの技法で一枚一枚を薄く透明なものとしているため、その薄さ、重なりが幻想的でより怪しく魅力的になっています。
クリックで拡大されます。

鈴木伸展 018

会場の様子です。
鈴木伸展 2001
鈴木伸展 003



category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: テンペラ  リトグラフ  コラージュ  入間市のギャラリー  d-lab  gallery  鈴木伸  澁澤龍彦  いるまで素敵なアートめぐり  入間のアート情報 
tb: 0   cm: 0

『時和弥生絵画展 ~幻想建築の宇宙~』  

『時和弥生絵画展 ~幻想建築の宇宙~』開催中です。

期間 2018年2月8日(木)~2月14日(水)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

d-lab gallery は建築設計事務所に併設したギャラリーなので、絵画展を開催するにあたり、建築をテーマにした作品にしようかなとお話があった時、大変うれしく思いました。
d-lab gallery での3回目の個展です。

まず、DMから。

時和弥生 DM001

中身のない卵、届かない梯子、眠れぬ天使達・・・。
夢の奥底から汲みあげた静寂に浮かぶ幻のために、宿るべき場所をつくらねば。
こうして奇妙な構造物〈幻想建築〉を描き始めた。
どの作品にも郷愁を感じている。私を映していた宇宙のかけらを、ぽつり、ぽつりと拾って歩く深い眠りに似ている。
             時和弥生

作品を数点ご紹介します。

『時の止まった城』
時和弥生展 01

『生命の樹』
時和弥生展 03

『ブランコのための塔』
時和弥生展 08

『夢見る植物』  これは、建築シリーズではありませんが。
時和弥生展 04

時和さんの世界をぜひご覧ください。

category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 時和弥生  入間市のギャラリー  d-lab  gallery  入間のアート情報  デザイン・ラボ一級建築士事務所 
tb: 0   cm: 0

『こづま美千子』展  

『こづま美千子展』、開催中です。

期間 2018年1月25日(木)~2月4日(日)
時間 11:00~18:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

DMは『落ちた風 Fallen Wind』という作品です。展覧会の準備をしてるあいだ、こづまさんの『風』という言葉が印象的でした。

2018こづま美千子展 DM

『風景をよりどころに天と地とを繋ぐような高さのある絵画空間を創り たいと思っています。それが、見る人の時空を超えた何らかのを記憶を 刺激して、次の何か前向きな心持ちの一助となるような仕事がしたい。    こづま美千子』

2018こづま美千子展 0

作品を数点ご紹介します。
また、壁には展示されていませんがテーブルの上の小品をぜひご覧下さい。こづまさんの魅力が詰まっています。

2018こづま美千子展 04

2018こづま美千子展 020

2018こづま美千子展 018

2018こづま美千子展 047

こづま美千子 

1963 東京生に生まれる
1987 多摩美術大学美術学部絵画科油絵専攻
1988 第3回ホルベインスカラシップ奨学生
2004 平成16年度 文化庁新進芸術家国内研修員

最近の展覧会
2016「こづま美千子&Seraphina Lenz W個展」   b-stile 舞浜美術館(千葉)
   個展     ギャラリーなつか(東京)
2015「Exhibition ARIO(Artist Residence in  Odawara」    すどう美術館(神奈川)
2014「絵画展ー鳥の声を聞くように」      d-lab gallery(埼玉)
2013 個展  ギャラリーなつか C-View(東京)
  「インサイドエスキース展」       画廊るたん(東京)



category: d-lab gallery 2018 アーカイブ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  入間のアート情報  こづま美千子  絵画   
tb: 0   cm: 0

『造り付けにした家具』展  

『造り付けにした家具』展、開催中です。

期間 2018年1月17日(水)~1月23日(火)
時間 11:00~18:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

クローゼット、玄関収納、造作キッチン、間仕切り家具など、これまで設計してきた建物に造り付けとして制作した家具を写真で紹介します。
ギャラリーの隙間収納もご覧ください。

また、第5回埼玉建築文化賞の専用住宅部門で優秀賞を頂いた住宅のパネルを展示します。

DM
2018デザインらぼ収納

作品展の様子です。
2018デザインらぼ収納 001

2018デザインらぼ収納 02

また、第5回埼玉建築文化賞の専用住宅部門で優秀賞を頂いた住宅のパネル及び模型も展示しています。

2018デザインらぼ収納 04

デザイン・ラボ一級建築士事務所では、建築相談を受けています。(要予約)



category: d-lab gallery 2018 アーカイブ

thread: 建築 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  住宅の設計  建築設計  入間市  日高市   
tb: 0   cm: 0

『小川移山展 「断像2018 赤と黒そして花」』  

『小川移山展 「断像2018 赤と黒そして花」』

期間 2018年1月5日(金)~1月14日(日) 休廊 10日(水)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

d-lab gallery 新年最初の展覧会は、小川移山氏の作品展です。

期間中、朗読があります。5日(金) 8日(月) 13日(土) いずれの日も 2時30分~  (無料)
また、リペルアートをこちらも無料で体験できます。

展覧会の様子です。
『リペルアート作品』
201801-1小川移山展 01

作品の部分
201801-1小川移山展 046


『書』
201801-1小川移山展 02

1月5日(金)、1月8日(月)、1月13日(土) それぞれ 2時30分より久保田広子さんによる朗読があります。
劇団四季・シェイクスピアシアター付属研究所で学び、シェイクスピアシアターに入団し舞台に出演、その後、櫛部妙有先生に学んでおられる方です。
写真は、5日の朗読の様子です。
201801-1小川移山展 03

朗読は、小川未明「砂漠の町とサフラン酒」  夏目漱石「夢十夜より 「第一夜」

また、期間中随時リペルアートを体験できます。
201801-1小川移山展 004

小川先生は書家として作品を発表し、さまざまな活動をしてこられた方ですが、一人の画家とリペルペーパーという紙に出会い、アートが生まれました。

以下、パンフレットの中の小川移山先生のの言葉です。

『万物は刻一刻と変化します。
時空を孕んで変化する万象のワンカットを私は「断像」と名付けました。中学時代“死後”への不安感から、私は「絶対性」「永遠性」を求め続けました。

長じて学びや体験から絶対性相対性が判然し「いま・ここにいいる・わたし」を見つめて制作しています。』


category: d-lab gallery 2018 アーカイブ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 小川移山  入間市のギャラリー  いるまで素敵なアートめぐり  gallery  d-lab  デザイン・ラボ一級建築士事務所 
tb: 0   cm: 0