d-lab gallery

『江口ヒロアキの世界』  

『江口ヒロアキの世界』

期間 2017年9月2日(土)~9月10日(日) 
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

偶然見出された作家の作品展です。
元日本現代美術家連盟理事の江口康三氏の遺品を整理していた時に倉庫の中で発見されました。
ご子息のヒロアキ氏の作品でした。
ユーモアが感じられる、美しい明快な色使いの作品です。統合失調症という病を得ていたようですが、彼の部屋にはドラムがありギターも弾き、音の世界がありました。
絵の世界にもそれが表れているように思います。

101A室の様子です。
江口ヒロアキの世界 01

これは、101B室です。
江口ヒロアキ展 05

江口ヒロアキ氏の作品のほとんどにタイトルがありません。
ご覧になった方は絵を見て想像を膨らませておられます。何点かご紹介します。

江口ヒロアキの世界 02

江口ヒロアキの世界 03

江口ヒロアキの世界 04

江口ヒロアキ展 06

ギャラリーを始めて、初めてのことがありました。
気がつくと、男子学生が数人、ギャラリーの窓の外からですが、楽しそうに絵を見ていました。
うれしい!



category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  江口ヒロアキ 
tb: 0   cm: 0

『出店久夫 出店紀子 展』  

『出店久夫 出店紀子 展』

期間 2017年7月21日(金)~7月30日(月)  休廊 24日(月)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

フォトコラージュの出店久夫氏とワイヤーワークの出店紀子さんの、まったく異質の作品を制作する二人の作品を同じ空間に展示しています。
不思議と違和感が無く、つながるものが感じられます。

出店二人展1

作品展の様子です。
正面の作品は、チラシに載せた出店久夫氏の『墳墓城(フンボイキ)』。自身で撮影した写真を現像しコラージュすることで作品を制作しています。

出店二人展 2

こちらは出店紀子さんの作品です。
『赤い鳥』をモチーフにした作品です。ワイヤーによる線と美しい色の半透明な面が、影と実態の交錯が美しくゆっくりと癒されるような作品です。

出店二人展 3

出店氏の初期の作品です。独自の世界が始まっています。

出店二人展 4

1945 福井県生まれ
最近では、東京アートミュージアム、丹波市立植野記念美術館、北海道立帯広美術館など各地で作品展を開催
第12回エンバ賞美術展では大賞、第29回毎現代美術展では準大賞を受賞

パブリックコレクション
埼玉県立近代美術館 和歌山県立近代美術館 滋賀県立近代美術館 神奈川県民ギャラリー 他

出店紀子
故井上石沌氏に南画、故古野由男氏に銅版画を師事
1972年ころより、各地で作品展を開催、2012年より
隔年で銀座巷房1で個展開催




category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 出店久夫  出店紀子  入間市  ギャラリー  d-lab  gallery  デザイン・ラボ一級建築士事務所 
tb: 0   cm: 0

『荻野善史 作陶展』   

『荻野善史 作陶展』

期間 2017年6月11日(日)~6月20日(火) 休廊 15日(木)
時間 11:00~18:00 
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

日常の食器の他に近年はオブジェの創作にも挑戦。日々、表現の幅を広げております。
是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます。
              荻野善史

2017荻野善文作陶展 000

展覧会の様子です。

2017荻野善文 作陶展 001

2017荻野善文作陶展 002
2017荻野善文作陶展 003

縄文的な独自の文様のとても手の込んだ作品です。
荒く見えますが、最後に丁寧に磨き込んでいるので、優しい手触りです。
2017荻野善文作陶展 004

このオブジェは、太平洋展に入選して新国立美術館に展示されました。
子供を抱いた母ですが、背中に羽がついています。ここでは長くなるので止めますがとても素敵な理由でした。
『理由』は、ギャラリーで。
2017荻野善文作陶展 005










category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 荻野善史  陶芸展  入間市のギャラリー  d-lab  gallery  いるまで素敵なアートめぐり 
tb: 0   cm: 0

『西岡民雄展』  

『西岡民雄展』
 
画廊企画の、つくばみらいし在住の西岡民雄氏の展覧会です。
春休みのお子さんにも見ていただきたい、物語が浮かんでくるような楽しい作品展になっています。

期間 2017年3月30日(木)~4月16日(日)  休廊 6日(木)/7日(日)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

期間内に、『西岡さんを囲む会』を企画しています。 
4月8日と4月14日です。
詳しくは、下記のフライヤーをご覧ください。
(西岡さんは入間市在住では無く、特に会派に属しているわけではないので、ご存知の方も少ないのではと思い紹介するフライヤーを制作しました。)
 
101A室での展示の様子と作品の一部をご案内します。
こちらには主に大きな作品を展示しています。

西岡民雄展 101A

うさぎを題材にした作品が多いのですが、身近な物を描いているうちにうさぎが多くなったと話しておられました。
描いた作品の一部をまとめてファイルにしたものを持って来ていただいたのですが、作品を描いて来られた歴史があります。もし、ギャラリーに来てくださったならば作品とともにご覧ください。

全体の写真に写っていない作品を3点紹介します。

DMに使った作品です。
『期待』という名前の作品です。

西岡民雄展 101A-1

『双葉のココロ』 

西岡民雄展 101A-2

『三兎(見る・聞く・話す)』

西岡民雄 101A-3

フライヤーです。クリックで大きくなります。

西岡民雄展フライヤー
 
101B室については後日!








category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  西岡民雄  gallery  兎の絵 
tb: 0   cm: 0

l『絵の中の顔』 展  

l『絵の中の顔』 展

期間 11月8日(火)~11月15日(火)  12日(土)休廊
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

これまでd-lab gallery で展示した作品および作品展を開催していただいた作家の作品の中から『顔がある絵』を展示しています。

ギャラリに入ってすぐが、田中繁吉先生のリトグラフです。
明治31年福岡県に生まれ、東京美術学校を卒業し、帝展に初入選したのち渡欧。
その後、創元会に参加し制作活動されました。

私どもが池原義郎・建築設計事務所に在籍していた時に大変お世話になった、早稲田大学名誉教授の故田中彌壽雄先生のお父様です。

顔のある絵 tanaka

その隣に、池田菊雄氏の作品。
12月にd-lab gallery で、作品展を開催していただく予定です。

顔のある絵 ikeda

ギャラリーに入って正面が、西野一男氏のお母様を描いた油彩です。
その両側に色がきれいな小さいガラス絵が2点あります。
どちらもお孫さんを描いた作品です。
この作品展の終了後、11月22日より、新井千恵子さん、新宅かよ子さん、武藤百恵さんの三人のクラフトに加え、西野さんの絵とコレクションを展示します。

顔のある絵 西野一男

中島大意氏の作品は「寝る前に描かナイト」展に出品していただいた作品です。
寝る前の30分のスケッチです。

顔のある絵 nakajima

黒田克正氏の「二人」という作品です。
黒田先生は、絵を早朝から描かれると伺いました。
小さい作品ですが「早朝から、こんな力強く!」と思った作品です。

顔のある絵 kuroda

次は出店久夫氏の作品です。
自分で撮られた写真を加工し、コラージュした作品です。
この作品展のように、これまでの作品展を時折展示する機会を持っていますが、そのような時に展示することが多い作品の一つです。

顔のある絵 demise

事務所を入って左側の正面には、これも展示することが多い千葉由笑さんの作品です。
彼女のアトリエを訪ねた時、ドアに掛けられていたのを見て、ぜひギャラリーで展示したいのでとお願いした作品です。

顔のある絵 ちば

最後は、井窪豊氏の作品です。
井窪さんの作品も展示することが多いのですが、これは氏の作品の中でもちょっとテイストが違うように思います。
どのような点かとは、まだうまく言うことができないのですが。

顔のある絵 ikubo










category: gallery

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  gallery 
tb: 0   cm: 0