FC2ブログ

d-lab gallery

『~飾るって楽しい写真展~』 山川翔大  

『~飾るって楽しい写真展~』 山川翔大

期間 2019年7月22日(月)~7月30日(火)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

101A室を使っての山川翔大氏の初めての写真展です。
写真を撮ることが楽しい!ってことが伝わってくるようです。

花の写真も魅力ですが、写真の中の知り合いのお子さんがとても自然な良い表情をしています。

DMそしてギャラリーの様子。

山川翔大写真展 DM

山川翔大写真展 01
山川翔大写真展 02


お客様も空間が華やいだような展覧会です。

category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 山川翔大  写真展  入間市のギャラリー  gallery  入間のアート情報  デザイン・ラボ一級建築士事務所 
tb: 0   cm: 0

『翔 ソラタカクマウモノ』  

『翔 ソラタカクマウモノ』開催中です。

期間 2019年1月19日(土)~1月27日(日)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

新年を迎え清々しい気持ちになれるよう、14名の作家による空に舞うイメージの作品を展示しています。

井窪豊  池田菊雄  大島和子  おおたおえみこ  小堀八千代  
芝本茂子  高澤日美子  竹森正幸  中島太意  本戸朋子
麻矢薫  峯岸尚子 山崎美恵子 璃葉

展覧会の風景から

201901-2タカクマウ 004

201901ソラタカクマウモノ 030

101A室 入口に大島和子さんの作品「海高く」。101B室にも5点あります。

翔 オオシマカズコ

次に青が印象的な小堀八千代さんの「風」。

翔 小堀八千代

101室正面には、秩父の作家の峯岸尚子さんです。「包(ホウ)」のシリーズで3点並びます。
翔 峯岸尚子

そして池田菊雄氏の作品「赤の森にはばたくⅠ」
翔いけだきくお

その間に麻矢薫さんの「鴉」を置いて、芝本茂子さんの「イマジン」。
ビートルズの詩「Imazine」に着想を得た作品です。初日、今度中学生になる男の子が、作品の端に描かれている鍵を指さし「ぼくはこれが気になる。」と、じっくり見ていたのが印象的でした。
翔 芝本茂子

101B室。入口の切手のような小さな銅版画は、おおらいえみこさんの作品。
これは宇宙空間「ブルー・ユニヴァース」
翔 おおらいえみこ

また、作品とクラシックな額がぴったりの 麻矢薫さんの「空華」
翔 まやかおる

次の壁面には、麻矢薫さんの作品と大島和子さんの作品。
そして、がらりと雰囲気が変わり本戸朋子さんの『フォーチュン・クッキー』
翔 ほんどともこ

この壁の真中には璃葉さんの「鳩」。線が美しいと、みんなが立ち止まる作品です。
翔 璃葉

そして、101B室扉正面には、赤い紙風船が印象的な山崎美恵子さんの「かぜのおこうところ」。3.11の後に描いた作品とのこと。
翔 やまざきみえこ

こげ茶色の壁には、高澤日美子さんの『さあでかけようⅠ』
ご覧になった作家さんが、いいなあ~これは、自分には絶対描けないと話しておられました。
翔 高澤日美子

一段上がった奥には中島太意氏。
中島氏の作品は、磁器か金属かと思うような作品6点から成ります。
一点でも存在感がありますが、6点あり、無数に別の世界が作れるように、どこまでも広がる作品です。
6点の中から1点をご紹介します。
翔 中島太意

その隣には、ジャンベを演奏し、写真を撮る竹森正幸氏の作品です。
美しい緑の中に、はがした時にできるシダの様な絵具の跡が不思議です。
翔 タケモリマサユキ

最後は、宙に浮かぶ井窪豊氏のモビールです。
微妙な白のはかなげな材質は、習字の半紙だと聞きました。
風のない所で、ゆっくりゆっくりした動きに時間を忘れます。
翔 イクボユタカ

最終日には14:00より、小さなティーパーティを企画しています。
作家さんの同士の交流を深めていただくことと、ギャラリーへ来てくださる方が作家さんを知る機会になればと思っています。
 



category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 井窪豊  池田菊雄  大島和子  おおらいえみこ  小堀八千代  芝本茂子  高澤日美子  竹森正幸  中島太意  本戸朋子 
tb: 0   cm: 0

『和完 ―森羅万象人類マトリックス―』 『高村清文secco画展』  

d-lab gallery では101A室、101B室を使って二つの展覧会を開催しています。

期間 2018年3月9日(金)~3月14日(水)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

オープニングパーティでは、和完さんの三味線と、ハーモニカの波木克己さんとの33年ぶりという共演がありました。

101A 『和完 ―森羅万象人類マトリックス―』

和完さん 01

和完さんは幼少のころ母から長唄、端唄、小唄など三味線の手習いを受け、七代目人間国宝「芳村伊十郎」に師事、杵屋和完という芸名を持っています。また、現代三味線演奏家「山本晋乃(ゆきの)に師事するなど、三味線歴50年以上。その間、多彩なジャンルのアーティストとコラボレーションしたり、即興演奏など、広く三味線の幅を広げてこられた方です。

近年大けがを機会に描き始めた絵画作品は、一風カラフルでコミカルな作品ですが、その中に深い教養を持ち、歴史や現代に思いをはせたものが多く見受けられます。
作品があることで、空間に熱気があふれてくるようです。

和完 高村清文展 002

小鍛冶こかじ 子狐丸こぎつねまる
和完 高村清文展 005

101B室 『高村清文secco画展』です。

高村さんは造形大学で油絵を描いていたころから、secco画(枠に布を張り石膏を塗りその上に描く技法)に取り組まれており、石膏の白や素材感を生かした作品が魅力です。
現在では石膏の上に透明水彩で描いておられますが、年月を経ても美しい色があせないその保存性もその石膏によるのではないかと話しておられました。

高村さん 01

高村さんは、北海道の利尻島の出身ですが、その雪の風景の雪の白さふわっとした感じ、光を受け光る感じなど、石膏の表現ならではです。

高村さん 02

『リュウキュウカラスウリ』 secco

和完 高村清文展 042

『リボン』 紙 水彩

高村さん 03



category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  和完  早乙女和完  高村清文  secco  入間のアート情報 
tb: 0   cm: 0

井ケ田昭一油絵展  


開催中の作品展のご案内

『 井ケ田昭一展 』 

期間  2月16日(火)~29日(月)
    11:00~18:00 最終日16:00まで

場所  d-lab gallery 埼玉県入間市豊岡 5-2-15 101A/ B

101A室を『日本の祭り』、101B室を『人間を探る』と、角質でテーマを決めて作品を展示しています。

『日本の祭り』では、入間(霜)藤沢の熊野神社の祭り、立川の熊野神社の祭り、そして能登の御陣乗太鼓を取り上げ、躍動感を出すために金箔を貼り、舞う人物の後ろを意図的に明るくするなどを試みています。

井ケ田昭一油絵展 wb2


『人間を探る』では、鴨井玲に深く心頭し、レンブラントを意識していると語るように、光と陰で人間の内面を表現しようとしています。

井ケ田昭一油絵展 wb

『ありがとう』という作品の前で入間市長と。

多くの方がお見えになり、中にはお話をできない方もおられる。とても申し訳ない気持ちだけれど感謝の気持ちを伝えたく、この作品は井ケ田氏の個展には必ず展示すると話していました。モデルは井ケ田氏のお母様とのことです。

category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  井ケ田昭一 
tb: 0   cm: 0

石崎恭子作品展  

『 石崎恭子作品展 』 

   賛助出品 石崎昭三

期間 2月2日(火)~12日(金) 11:00~18:00 最終日16:00まで

場所 d-lab gallery 埼玉県入間市豊岡 5-2-15 101A/ B

石崎恭子展 044
「草」

「漢字のルーツを遡り、象形文字を日本画の素材に使われる金箔・銀箔などを使い装飾的に仕上げてみました。

又、私は油絵を描いていますが、主人が日本画を描いていますので。

日本画の伝統的な技法である金・銀箔の装飾性を油絵と融合させてみたりと模索してきました。

特に象形文字の作品はこのような表現で描いているのは見たことがないので楽しいと思います。」     

                                     石崎恭子

「この作品には、これまで布に絵を描いたり、これまでやってきたいろいろな事がいかされています。」と楽しげに語っておられました。

箔を使い絵具を載せ、それを研ぎだしたり・・・一つ一つ手を掛けられた作品。

日本画の技法が多く使われていますが、その過程では「間近で描いているのだから見ていれば良い。」という石崎先生の言葉に、主婦は何かと忙しくてそうもできないと言いながら、その手をじっと見ているであろう恭子さんが見えてくるようです。

お話を伺っていても、いろいろ試すことが好きな方ということが伝わってきます。

石崎昭三先生の5点の作品を含み、約50展の作品を展示しています。

石崎恭子展 047

category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  日本画  石崎恭子 
tb: 0   cm: 0