d-lab gallery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

保坂彩樹 銀塩寫眞展  

d-lab gallery で6月6日(木)から始まる写真展は銀塩カメラで撮影されたもの。

デジタルカメラが主流になり、だれもがカメラを携えシャッターを切る。失敗したら、消せばいいし・・。
銀塩カメラは、ちょっと古そうな名前に聞こえるが、少し前まで使っていた一般的なカメラ。とりあえず撮っておこうで納得できる写真が撮れたためしがありません。被写体への緊張感が違います。

PNB-.jpg

写真家は、ギャラリーを持つ皆野のカフェ『PNB-1253』の店主でもあります。
美味しい蕎麦クレープを作ってくれて、ヤギを飼っていて、詩人でもあるようです。

詩情豊かなとは言いつくされたような言葉ですが、青の深み、黒の深みは『詩』以外ではないような気がします。



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

p保坂彩樹 銀塩写真展_0001
スポンサーサイト

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  写真展  保坂彩樹  銀塩カメラ   
tb: 0   cm: 0

元始、女性は太陽であった  

うえしんさんの裸婦クロッキーを見た年配の女性が、「力強いわねぇ~。」と感想をもらしていた裸婦は、「
元始、女性は太陽であった。」という、平塚らいてうの言葉が似合う。
ぜひ会場でご覧ください。

うえしんさん

また、同時に展示していただいた「やなぎはらわじゅ」氏のグワッシュによる細密なディテールを持った独特な世界に物語を感じます。

    


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

280663うえしんちえ子展裏

category: 未分類

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  うえしんちえ子  裸婦  クロッキー  古布絵   
tb: 0   cm: 0

鍛鉄作家の加成幸男氏が、太平洋展彫刻の部に入選されました  

6月14日(金)~作品展をお願いしていた、鍛鉄作家の加成幸男氏が、太平洋展彫刻の部に入選されました。
『躍動』という作品です。
見に行く予定ですが待ち切れず、検索したら、飯能の江州屋さんのブログに見つけました。

http://goshuya.exblog.jp/18783690/

おさんぽマーケット 119

小さな引き出しが一つついた鍛鉄の足のテーブル、先が細くなっている足が、何ともいえず好きです。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule


s KAZOKU ZAKKA 展

category: 未分類

thread: ひとりごと - janre: 学問・文化・芸術

tag: 鍛鉄  加成幸男  太平洋展  彫刻  江州屋 
tb: 0   cm: 0

kAZOKU ZAKKA展 (作家 井窪 豊)  

d-lab gallery では、明日から『KAZOKU ZAKKA展』が始まります。
昨年、家族の作品を展示していただいたのですが、今年はパパ、井窪豊さんの作品。

かすかにゆれる白いモビールとペーパーウェイト(と言うには、ちょっとごついかな)。

井窪豊展 001

モビールの間をそっと歩いてください。そして椅子に座って、じっと見てください。
井窪さんの、モビールはゆっくりと時間をかけてご覧ください。


狭山市の読売田辺新聞店さま、『街あかり』でご紹介いただきありがとうございました。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule


s KAZOKU ZAKKA 展

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  井窪豊  「KAZOKU  ZAKKA展」 
tb: 0   cm: 0

小笠原亮一個展  

あー、申し訳ない、これも明日で終わってしまいます。
入間市の茶房アトリエ ワタナベで。

小笠原さんが主宰されておられる団体によって、入間市内のギャラリーを連携した作品展が秋に開催されることになり、その一端にd-lab gallery も、参加させていただくことになりました。

20130510200150049_0001.jpg

その前に、6月の末から7月の中旬にかけて個展の予定があります。
ぜひ、ご覧ください。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule


s KAZOKU ZAKKA 展

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 小笠原亮一 
tb: 0   cm: 0

SCREEN & VISION SHOW Ver.4  

先日、d-lab galleryで「寝る前には絵を描かナイト」展を開催していただいた中島太意さんが、やはり入間市の黒須にある石川洋行さんの3階建の蔵『楽蔵』で、『SCREEN & VISION SHOW Ver.4』を開催しています。

障子に投影された映像と音楽のコラボレートだけではない、伝えきれないその感性。投影されている映像を見ていたつもりが、暗い影に虹が見えたり(これは私だけでしょうか?)

太意さん映像 111

障子は、障子を挟んだ二つの空間の結界と言うだけではなく、蔵の暗い空間の中に突然出現した、厚みが無い、異空間への扉に思えます。太意さんが話されておられた、二つの空間とは、暗い蔵が一つの空間で、薄い紙に投影された映像から想像できるその先の空間の事?

5月6日まで開催されています。
ぜひご覧ください。(これが、無料でいいの?という気持ちで帰ってきました。)

  もう少し



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule


s KAZOKU ZAKKA 展

category: 未分類

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 中島太意  Screen  &  Vision  楽蔵  入間市 
tb: 0   cm: 0

『空想の建築 ―ピラネージから野又穫へ― 』展  

『空想の建築 ―ピラネージから野又穫へ― 』展

  町田市立国際版画美術館
  2013年4月13日~6月16日

町田市立国際版画美術館 005

朝日新聞の朝刊『ザ・コラム』の挿絵に野又穫の絵が使われていますが、読む前にイメージが伝わることがあります。気持ちが明るくなるとかそういう感じではありません。透明な、独特の静けさがあるような気がします。
風を受けるプロペラ・・・くるくる回ることはなく、恐らくゆっくりゆっくりとしか動かないだろうと思えます。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

s KAZOKU ZAKKA 展

category: museumu/gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 町田市立国際版画美術館  ピラネージ  野又穫 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。