d-lab gallery

入間ケーブルTVの取材がありました  

小笠原先生の作品展の初日、入間ケーブルTVが取材に来てくれました。今日の取材の内容は、30日(日)のニュースいるまで放送されるようです。

  ニュースいるま 17:45~
          22:15~ 
        翌日 9:00~

ogasawarasensensei

インタビューの様子を聞いていた友人は、ケーブルTVのインタビュー担当者が、絵の描き方にまで及んで聞いていた事に、感心していました。

聞いていた友人によると、小笠原先生の絵の特徴とも言える魅力的な黒い勢いのある線が油彩の上に墨で描かれているとのこと。

建築にお携わる者としては、中に畳一枚の大きさの合板をテーブルの板としていますが、使い方が作家さんそれぞれ違って、大変興味深いことです。その自由さに、頭の柔らかさを感じます。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

s20130601233707557_0001.jpg

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 小笠原亮一  gallery  d-lab  油彩   
tb: 0   cm: 0

『小笠原亮一個展』が始まります  

明日から『小笠原亮一個展』が始まります。

『絵』の見方がわからないからとおっしゃる方が多いのですが、とりあえずご覧になってみてはいかがでしょうと提案したいと思います。

私も、『わかる』『わからない』という世界からは程遠い人間ですが、入間市博物館『アリット』で、小笠原先生の絵を見て、この高揚したような気持ちを身近な人に伝えたいという強い気持ちが湧き上がり、知人を誘って再度見に行くと言う経験をしました。

この気持ちをみなさんに伝えたいと思っています。



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

s20130601233707557_0001.jpg

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  小笠原亮一 
tb: 0   cm: 0

  

壁に映る鍛鉄のシャンデリアの影も魅力的です。
『作品(実像)』とともに、ぜひ美しい影・光もご覧ください。

展示 003

見えた方が話されておられました。「うちの娘が見たら全部欲しがると思う。」そんな作品展のようです。



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

『時和弥生展』と『加成幸男 鍛鉄の仕事』の同時開催になります。

p_0001.jpg p_0002.jpg

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  gallery  d-lab  鍛鉄    加成幸男  時和弥生  球体関節人形 
tb: 0   cm: 0

『時和弥生展』 『加成幸男 鍛鉄の仕事』  

明日から、『時和弥生展』と『加成幸男 鍛鉄の仕事』が始まります。
展示を終え、ホッとしているところへ、2枚の案内のはがきをご覧になった方から、きっと良い作品展になるとお電話をいただきました。嬉しい電話です。

時和さんの、妖しい『球体関節人形』と加成さんの鉄という素材を活かした『鍛鉄の仕事』。
ぜひ、ご覧ください。

展示 004

照明も確認し・・・まだ、もう少し仕事があります。



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

『時和弥生展』と『加成幸男 鍛鉄の仕事』の同時開催になります。

p_0001.jpg p_0002.jpg

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  鍛鉄   
tb: 0   cm: 0

中村 キース・へリング美術館  

山梨県北杜市。小淵沢のインターチェンジから車で約5分、北河原温氏が設計した『中村 キース・へリング美術館』があります。

まず、アプローチが魅力的です。木立の中に見える赤い美しいサインにしたがって下りていくと、建物があります。今の季節きっと美しいことでしょう。

キースヘイリング132

小さな美術館ですが、すべてがキース・へリングの作品のためにあるような空間で、充実した時間を過ごすことができます。出かけたのは数年前ですが、作品はもちろん、展示の仕方も斬新だと感じました。



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

『時和弥生展』と『加成幸男 鍛鉄の仕事』の同時開催になります。

p_0001.jpg p_0002.jpg

category: museumu/gallery

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。 - janre: 学問・文化・芸術

tag: キース・へリング  入間市のギャラリー  d-lab  gallery 
tb: 0   cm: 0

保坂さんのブログの紹介  

保坂さんのカフェPNB-1253のブログで、保坂さんが寫眞に対する思いを語っておられるので、ご紹介します。
  PNB-1253 のブログ → http://blogs.yahoo.co.jp/hosaka09/MYBLOG/yblog.html


ギャラリーを始めたころ、写真展には、絵を描いている人が訪れることが少ないと聞いていたのですが、そのようです。
しかし、今日見えた絵を描く方、本当に熱心にご覧になっておられました。これほど見てもらえると本望と思える程です。

帰り際、大変良い刺激になったと話しておられました。

建築にかかわっている私たちも、良い建築だけでなく、素晴らしいものを見ると、やろう!という意欲が増します。そんな感じで、ご覧いただけたのでしょうか?そうであれば、大変うれし限りです。



d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

p保坂彩樹 銀塩写真展_0001

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  写真展  保坂彩樹 
tb: 0   cm: 0

明日から『保坂彩樹 銀塩寫眞展』  

明日から『保坂彩樹 銀塩寫眞展』が始まります。

保坂彩樹の感性で切り取られた四角い画面。一枚一枚に物語がありそうだ。多くは語らずタイトルはシンプル。『BLACK AND WHITE』『BLUE』そして・・・
マットな印画紙に焼かれた写真を見ていると、キメのとても細やかなおしろいのような気がしてきた。なめらかで、きめ細やかな、見えないけれど感じられる粒子感。
白から黒へのグラデーションは、或るものは柔らかく、或るものはシャープに・・・気持ちが込められる。
写された印画紙の表情を見ていると保坂さんが、銀塩カメラにこだわるのが少しだけわかるような気がする。


保坂彩樹 寫眞展 009

物語があるに違いないと思わせるような展示。

写真が趣味と言う人だけでなく、みんなに見ていただきたい寫眞展だ。


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

p保坂彩樹 銀塩写真展_0001

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  保坂彩樹  写真展 
tb: 0   cm: 0

作家集団 実在派小品展  

入間市中神の『茶房 アトリエ ワタナベ』では、『作家集団 実在派小品展』が開催されています。

それがとても新鮮でした。

小笠原亮一氏を含む数名の入間在住の作家に加え、鎌倉など遠方の方の作品も見ることができます。
ぜひ、お時間の許す方はご覧になってください。

 6月8日まで 定休日/日・月・火  11:00~17:30 最終日16:00終了
 詳細は、ギャラリーに確認のこと TEL 04-2936-3560


d-lab gallery のこれからの予定はこちらからどうぞ → d-lab gallery schedule

p保坂彩樹 銀塩写真展_0001

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  茶房  アトリエワタナベ 
tb: 0   cm: 0