FC2ブログ

d-lab gallery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『山田隆志 リトグラフ小品展』   

『山田隆志 リトグラフ小品展』

期間 2017年11月21日(火)~11月30日(木) 休廊27日(月)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

卓上型ミニ・リトグラフィ(平板)プレス機『ゼネフェルダー』で、制作されたリトグラフの作品展です。

山田隆志氏の作品は、1977年サンフランシスコ近代美術館のコレクションになって以来、個人のコレクションはもちろん、ホテルオークラ、東京プリンスホテルパークタワーなど公共的な施設の壁面を飾ってきました。
   写真はクリックで大きくなります。

山田隆志展 DM

白とマットな黒が美しい展覧会です。

山田隆志展 001

会場に用意された『ゼネフェルダー』です。
23日(祝)、25日(土)、26日(日)には、14:00からデモンストレーションがあります。

山田隆志展04



フロッタージュなどの手の作業やレーザーを使うなど、さまざまな技法が使われています。

山田隆志展 03

スポンサーサイト

category: d-lab gallery 2017 アーカイブ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市  ギャラリー  版画  リトグラフ  d-lab  gallery  山田隆志 
tb: 0   cm: 0

『堀口恵子展』 『峯岸尚子展』  

2017年11月11日~19日に、秩父在住の作家二人の展覧会を開催しています。

101Aで『堀口恵子展』、101B室『峯岸尚子展』です。

期間 2017年11月11日(土)~11月19日(日) 休廊14日(火)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

101A 『堀口恵子展』

東京芸術大学で日本画を専攻した堀口さんは、日本画の画材の岩絵具をベースに、アクリル絵具、クレパス等を使ったミクストメディアで抽象的な作品を描いています。

堀口恵子 峯岸尚子 展 01

左が『夢の始まり(夜に開く窓)』、右はDMにも使われた『満月港(夢の始まり)』
堀口恵子 峯岸尚子 展 03

『ハーモニー(風の色)』
堀口恵子 峯岸尚子 展 04

101B 『峯岸尚子展』

女子美術大学付属高校、武蔵野美術大学短大で学んだ峯岸さんは、『包』とした一連の抽象画と、子供を産み育ててタッチが変わったと言われた半具象的な作品を油彩で描いた作品を展示しています。

堀口恵子 峯岸尚子 展 05

『包』をテーマにした一連の作品から
堀口恵子 峯岸尚子 展 06

『マチトサカナ』
堀口恵子 峯岸尚子 展 07







category: d-lab gallery 2017 アーカイブ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  gallery  堀口恵子  峯岸尚子  秩父 
tb: 0   cm: 0

『入間市に在住する木版画家4人による展覧会』  

『入間市に在住する木版画家4人による展覧会』

期間 2017年10月31日(火)~11月9日(木) 休廊2日(木)
時間 11:00~18:00 最終日16:00
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

入間市に住む、五所菊雄、島田但、高村ムカタ、西野一男の4氏の展覧会です。
期間中、木版スタンプの作り方や、刷り、道具の使い方など、直接作家さんから聞くことができます。
作品を見ると、木版という同じ手段なのに、それぞれがとても個性的です。

まず、五所菊雄氏。
版画についての本も出版しており、版画を五所先生に教えていただいたとおっしゃる方も多くおられます。

版画展 五所菊雄01

版画展 五所菊雄02

島田但氏。
版画を五所先生に教わった方です。
相馬の野馬追いをテーマにした作品と、何回か登った富士山をテーマにした作品を展示しています。

版画展 島田但01

版画展 島田但02

高村ムカタ氏
夏は利尻で漁師をしておられます。
このたびは、作品の中に食べ物の名前が多く見られます。
長い間スウェーデンで暮らした友が無くなり追悼の意が込められていると聞きました。
日本から遠く離れた地で、食べたかったのではと思われるものを版画にしたようです。

版画展 高村ムカタ03

版画展 高村ムカタ01

西野一男氏。
宮城県立美術館で『洲之内徹と現代画廊 昭和を生きた目と精神』という図録を買い求めてきたことを西野さんに話すと、「若いころ現代画廊で作品展をやったことがある。」とおもがけない言葉。
『~西野さんは色感がいい。いい色を持っている。これが、これからの西野さんの保証になるはずだ。』その時の洲之内徹氏の言葉です。

版画展 西野一男01

版画展 西野一男02 001











category: d-lab gallery 2017 アーカイブ

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  版画  入間のアート情報  西野一男  五所菊雄  島田但  高村ムカタ  木版画 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。