d-lab gallery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

高橋行雄展 3  

高橋行雄展101B室から。

101B室に入ると奥に黒猫の大きな作品があります。
『黒猫 黒龍 流れ』
。2014年仏現代国際美術選抜展で名誉総裁賞を受賞しています。

101B 01

『黒猫 マリー』

101B 02

子猫が眠くて、コックリしたその時を描いたような『仔猫 ねむい』。仔猫のかわいらしさと「ねむさ」を表現するために、柔らかく描いたとおっしゃっておられました。

101B 03

『仔猫プチ 背のび』高橋先生が飼っておられる猫の子供の頃です。
猫を描く作家は多いのですが、誰も描かないような猫の一瞬です。背伸びをしながら、目がしっかりとこちらを見ているのがおかしくて・・・。

101B 04

『黒猫 Face マドモアゼル』。先生が描く女性、目がとても印象的です。

101B 05

category: gallery

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  高橋行雄  猫の絵 
tb: 0   cm: 1

コメント

たくさん紹介して頂きありがとうございます。

URL | maggie #GN3n37fM
2014/10/17 23:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dlabg.blog.fc2.com/tb.php/163-22f47666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。