d-lab gallery

布絵の柔らかさ  

d-lab gallery では、林節子さんと鈴木博子さんの2人展を開催中ですが、一度ご覧になった方が友人・知人を誘って、2度、3度ご覧になってくださる方がもおられ、企画したものとして大変嬉しく思っています。

林さんの布絵は、着物の柄をいかしながら作られたもので、布の持つ暖かさでしょうか、絵とは違った魅力があります。28日まで開催しています。

3.jpg

林さんに「最終日だけれど、とてもいいから、見ていらっしゃい。」と言われ、入間市野田のカフェギャラリー「メイプル」さんに行ってきました。飯能の人形作家名越令依(なごしはるい)さんの人形展です。
可愛らしい人形を抱かせてもらいました。
桐の木を彫り30回くらい胡粉をかけた顔や手は、決めが細やかな赤ちゃんの肌のようで、モヘアを使ったというくるくる巻いた髪の毛も、その頼りなさが可愛らしいのですが、抱いてもっと可愛らしさに気が付きました。
重くするためにわざと鉛を入れておられるようですが、その重さ、ふとした拍子に傾げる小首に、手放したくない!と言う気持ちになってしまいました。

d-lab gallery でも、ぜひ作品展をお願いし、みなさんにご覧いただきたいと考えています。

category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 名越令依    メイプル 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dlabg.blog.fc2.com/tb.php/26-48e3ad3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)