d-lab gallery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

わたなべ画廊 白い空間の魅力   

飯能のわたなべ画廊を訪ねると、ギャラリーがますます素敵な空間になっていることに気が付きます。
まず、出入り口に白い壁が一枚。あることで、『ギャラリーに入る』という気持ちになれます。プライベートな部分も見えなくなり、純粋に白い壁の展示空間です。ピクチャーレールが無いのも魅力の一つです。

これから、おそらく12月まで、見てみたいと思わせるような作品展が続きます。
24日までは、柴村純一氏と森天飛さんの作品展です。

201309わたなべ画廊

入って右の柴村さんは、一点一点も魅力ですが、展示された白い壁も作品のように思えます。感性によって配置された作品と、その間の白。このような展示の仕方、本当はとても難しいのですが、インテリアの勉強にもなります。

森さんの作品を見せていただくのは昨年に続き2回目です。白い画面に描かれた鉛筆の色、その繊細さで、場の空気を柔らかく存在させているように思いました。

ここでは、作品とともに絵が展示される白い空間の魅力にも気が付きます。お二人の作品は、この均一の白い空間になんて似合うのだろう!
d-gallery も、2室あるうちの101Bはできるだけ白くしようと決意しながら帰ってきました。


d-lab gallery 開催中とこれからの予定 → d-lab gallery schedule

入間市および近郊のアート情報 → 入間のアート情報

category: gallery 2

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  わたなべ画廊  飯能のギャラリー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dlabg.blog.fc2.com/tb.php/62-c98344f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。