d-lab gallery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

デザイン・ラボ一級建築士事務所 建築展  

開催中の作品展をご案内します。

  『デザイン・ラボ一級建築士事務所 建築展』

  期間 7月16日(土)~8月7日(日) 休廊 期間中 火曜/水曜 28日
   時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
   場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A

期間中に、デザイン・ラボ一級建築士事務所の所長の河野健昇が、池原義郎先生(早稲田大学名誉教授・芸術院会員)のもとで設計を担当した早稲田大学所沢キャンパスの設計について解説します。
  
  『早稲田大学所沢キャンパスの設計に携わって』
   
   日時 8月6日(土)  14:00~ 約1時間半 
   場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A
       ※ 20名  無料    要申込(04-2966-1091)

  建物が竣工し30年が過ぎ、工事中は赤土だった周辺の緑が深くなり、池原先生が思い描いていいたような環境の大学になってきました。
キャンパスの設計を通じて建築のことなど、スライドを交えて解説します。 

d-lab gallery 建築展 01

デザイン・ラボ一級建築士事務所を開設する前は、早稲田大学の池原義郎先生のもとで仕事をしており、近辺では西武球場、西武園遊園地、掬水亭など西武鉄道グループの仕事の他、早稲田大学所沢キャンパスの設計にも携わってきました。
最近は、木造住宅の設計が多くなってきましたが、このたびはRC2階建ての併用住宅ができるまでの打ち合わせの過程で作った模型を中心に写真を展示します。



category: gallery

thread: 展示会、イベントの情報 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  デザイン・ラボ一級建築士事務所 
tb: 0   cm: 0

『2016 春を惜しむ三人展』 『柳原ひろやの世界』  

開催中の作品展をご案内します。

101A  『2016 春を惜しむ三人展』、
101B 『柳原ひろやの世界』

期間 4月21日(木)~4月29日(金) 休廊27日(木)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

二つの作品展を紹介します。
まず101Aでは、『2016 春を惜しむ三人展』

haru sannin

次の三人の女性による作品展です。

大野雅子 美しい色で、楽しい絵本のように物語が浮かんでくる
     ような作品です。入間市在住

201604oono.jpg


菱千代子 大きな展覧会では自然現象をテーマにした抽象的な作
品を発表されることが多いのですが、この作品展では
花を描いた作品をお願いしました。入間市在住

201604hishi.jpg



森 ヨウ 新宿世界堂でしばらく展示されていた『花有る人』を
     含め、未発表の作品6点の展示になります。」画材は
     ソフトパステルです。
201604mori.jpg

他に、ハンドメイドの猫ちゃん登場の予定です。狭山市在住

201604mori1.jpg


101Bは 『柳原ひろやの世界』です。
201604yah.jpg

d-lab gallery では3回目の作品展になります。
鉛筆による不思議で精緻な世界。パステルで表現された夜明け前や黄昏時の束の間の時間。
記憶に残っておられる方も多いかと思います。
このたびは油彩にも取り組んでいます。(写真はちいさな鉛筆作品ですが・・・)

201604yah2.jpg



category: 未分類

thread: 絵画 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  入間のアート情報 
tb: 0   cm: 0

『猫の絵描き 高橋行雄展』  


『猫の絵描き 高橋行雄展』
期間 4月9日(土)~4月17日(日) 休廊12日(火)
時間 11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 入間市豊岡5-2-15 101A/B

猫と遊び、猫に遊ばされる。
そのような生活の中で猫をモチーフとして描き続けて約30年が
経ちます。ただ愛らしい猫の表面を描くだけでなく猫の性格、
猫の気持ちも込めてアートとしての猫の絵を制作しています。
世界中の猫好きな方々、絵画の好きな方々に共感して頂ければ
と思って日々描いています。  高橋行雄

高橋行雄展DM


category: gallery

thread: 絵画 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  gallery  高橋行雄 
tb: 0   cm: 0

いるまで素敵なアートめぐり 201604-1  

いるまで素敵なアートめぐり2016年4月1号ができました。

『まちの中のアート』を企画してみました。
最初は、入間市役所の正面玄関わきの彫刻です。女性の立像です。
写真を撮る角度でイメージが変わります。
この角度、はつらつとして新年度の始まりにぴったりだと思うのですが、いかがでしょうか?

画像をクリックすると大きくなります。
201604-1 いるまで素敵なアートめぐり

category: いるまで素敵なアートめぐり

tag: いるまで素敵なアートめぐり  入間市のギャラリー  gallery 
tb: 0   cm: 0

内藤範子展 ―水辺に遊ぶⅡ―  

d-lab gallery では、一昨年に引き続き2回目の内藤範子さんによる作品展を開催中です。

『内藤範子 ―水辺に遊ぶ Ⅱ―』

期間 3月26日(土)~4月3日(日) 休廊31日(木)
11:00~18:00 最終日16:00まで
場所 d-lab gallery 埼玉県入間市豊岡 5-2-15 101A

naito fbp葦牙

遥か東方よりの風に水面は漣で応え

金粉の如き光を刷いて渉る

其の下辺に臥せし葦かびは

槍の如き穂先を揃え

蒼天に繰り出す刻を測る

浅春の湖面に膨らむ生命の不穏さ DMより


略歴・受賞歴
1093 鎌倉市に生まれる
1986 横浜国立大学教育学部美術科卒業
1999 関口芸術基金賞 入選
2000-2009 上野の森美術館大賞展 入選
2002 鎌倉美術展 大賞受賞
2006 あさご芸術の森大賞展 優秀賞
2007 美浜美術展 入選 他 所属 作家集団実在派会員

丁寧に緻密につくりこまれたマチエールが、幽玄ともいえるような世界を造り出すベースになっています。

category: gallery

thread: 絵画 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  内藤範子  入間のアート情報  gallery 
tb: 0   cm: 0

井ケ田昭一油絵展  


開催中の作品展のご案内

『 井ケ田昭一展 』 

期間  2月16日(火)~29日(月)
    11:00~18:00 最終日16:00まで

場所  d-lab gallery 埼玉県入間市豊岡 5-2-15 101A/ B

101A室を『日本の祭り』、101B室を『人間を探る』と、角質でテーマを決めて作品を展示しています。

『日本の祭り』では、入間(霜)藤沢の熊野神社の祭り、立川の熊野神社の祭り、そして能登の御陣乗太鼓を取り上げ、躍動感を出すために金箔を貼り、舞う人物の後ろを意図的に明るくするなどを試みています。

井ケ田昭一油絵展 wb2


『人間を探る』では、鴨井玲に深く心頭し、レンブラントを意識していると語るように、光と陰で人間の内面を表現しようとしています。

井ケ田昭一油絵展 wb

『ありがとう』という作品の前で入間市長と。

多くの方がお見えになり、中にはお話をできない方もおられる。とても申し訳ない気持ちだけれど感謝の気持ちを伝えたく、この作品は井ケ田氏の個展には必ず展示すると話していました。モデルは井ケ田氏のお母様とのことです。

category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  d-lab  gallery  井ケ田昭一 
tb: 0   cm: 0

石崎恭子作品展  

『 石崎恭子作品展 』 

   賛助出品 石崎昭三

期間 2月2日(火)~12日(金) 11:00~18:00 最終日16:00まで

場所 d-lab gallery 埼玉県入間市豊岡 5-2-15 101A/ B

石崎恭子展 044
「草」

「漢字のルーツを遡り、象形文字を日本画の素材に使われる金箔・銀箔などを使い装飾的に仕上げてみました。

又、私は油絵を描いていますが、主人が日本画を描いていますので。

日本画の伝統的な技法である金・銀箔の装飾性を油絵と融合させてみたりと模索してきました。

特に象形文字の作品はこのような表現で描いているのは見たことがないので楽しいと思います。」     

                                     石崎恭子

「この作品には、これまで布に絵を描いたり、これまでやってきたいろいろな事がいかされています。」と楽しげに語っておられました。

箔を使い絵具を載せ、それを研ぎだしたり・・・一つ一つ手を掛けられた作品。

日本画の技法が多く使われていますが、その過程では「間近で描いているのだから見ていれば良い。」という石崎先生の言葉に、主婦は何かと忙しくてそうもできないと言いながら、その手をじっと見ているであろう恭子さんが見えてくるようです。

お話を伺っていても、いろいろ試すことが好きな方ということが伝わってきます。

石崎昭三先生の5点の作品を含み、約50展の作品を展示しています。

石崎恭子展 047

category: 未分類

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: 入間市のギャラリー  日本画  石崎恭子 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。